HOME>注目記事>妊娠後期にむくみが発生する理由と対策方法を知る

むくみが発生する原因と手軽にできる対策

女性

妊娠中は日々体調が変化しますので、健康管理にはいつも以上に気を使いたいところです。そして、妊娠中期からはお腹も大きく膨らんでいきますので体型も変わりやすい時期です。特に妊娠後期になるとかなりお腹は膨らんできますが、大きなお腹を支えることで足のむくみも発生しやすくなります。むくみを解消する薬や体操などもありますが、そうした方法は妊婦には体に負担になってしまう可能性もあります。より安全に対策をするなら、着圧ソックス、妊婦用を着用することも考えてみましょう。基本的に履くだけなので体に負担もかからず無理なく続けることができます。特殊な編み方で作られているのでふくらはぎに適度な圧がかかり、静脈血を心臓に戻りやすくする効果が期待できます。

市販の商品と医療用の商品

足元

妊婦の足のむくみを手軽に解消する着圧ソックス、妊婦用は市販の商品と医療用の商品があります。市販のものはドラッグストアなどで手軽に入手できますし、医療用のものは医療機関に相談すると提供してもらうことができます。医療用の着圧ソックスは下肢静脈瘤の治療に使われているものです。市販の商品は圧力がやや弱めなものが多くなっていますが穏やかな効果を期待する人に向いています。締め付けが強すぎるものは血行を悪くすることもありますので、適度な圧力のものを選びましょう。

マタニティ用が安心

足元

市販の着圧ソックスにも色々な種類がありますが、妊婦が使用するのであればマタニティ用に作られたタイプを選んでおくと安心です。選び方で名悩んだ場合はお店のスタッフに着圧ソックス、妊婦にはどれが向いているのか相談してみると良いでしょう。足のむくみ対策で一日中使用している人もありますが、昼間は圧力が強いものを選んでいる人も夜は血行不良を防ぐためにも圧力がやや弱めのものを選んでおくことがおすすめです。快適な装着ができることも大切ですので素材や通気性にもこだわって良いものを選んでいきましょう。

広告募集中